IPカメラ構成の最適化

このマニュアルでは、IPカメラの設定方法を説明します。 モデルのスクリーンショットはIPCAM PTZカメラモデルC6F0SgZ3N0P6L2から撮影されましたが、ほとんどのブランドに同じ設定を適用することができます。 非常に似た設定を持つカメラは、クリアビュー、大化、ヒクビジョン、GiseとQseeです。

フォーマットビデオ

現在の周波数に関連付けられているちらつきの効果を避けるには、50 Hz に設定します。

エンコード モード

H.265、H.264H、H.264、および MJPEG の順に、常に最高の圧縮レベルを選択します。圧縮レベルを下げる唯一の理由は、互換性の問題です。たとえば、一部の視聴プログラムでは、記録された H.265 コンテンツを表示できない場合があります (VLC プレーヤーは適切な設定で完全に処理できます) 場合は、デフォルトの H.264 を設定する必要があります。

解決

常に最高の解像度(通常は1080P(1920 x 1080))を選択してください。

一般に、IP カメラは使用可能な最高の解像度に設定する必要があります。ただし、画質を著しく損なうことなく解像度を下げることができれば(画像の拡大率の表示も参照)、解像度を下げない理由はありません。

サブストリームの場合、指定した再生デバイスの縦横比に合わせて解像度を調整する必要があります。ほとんどの場合、4:3の縦横比(16:11)を使用します。

フレームレート

私のデフォルトの IP カメラフレームレートは、通常、メイン ストリームでは 12 ~ 15 fps、セカンダリ ストリームでは 10 ~ 12 fps です。

利用可能な最高フレームレートを使用する理由はほとんどありません。IPカメラの目的を検討し、映画品質かどうか、およびそれに付属する帯域幅とメモリ消費に価値があるかどうかを決定します。

1 秒あたりのフレーム数を設定すると、モーション記録の滑らかさに影響します。IPカメラがレジの上にある場合は、速く動く手をキャッチするためにフレームレートを上げる必要があります。ただし、IP カメラがトラフィックの少ない部屋にある場合は、高いフレーム レートは必要ありませんし、帯域幅とメモリを節約することをお選びください。

15 フレーム/秒のフレームレートは、高速に動く手をキャプチャするのに十分な滑らかで、10 フレーム/秒のフレーム レートは低トラフィックエリアで十分であると考えています。

ビデオが不均一な場合は、スムーズになるまでフレームレートを 10% 増やします。しかし、これは映画ではないことを覚えておいてください。

ボー

ビット レートは、通常、エンジンによって提供される最大値の 40% である必要があります。

ボーレートの適切な設定は、IPカメラの転送消費を直接制御することです。 したがって、ボーレートは、イメージに悪影響を与えることなく、可能な限り低いレベルに設定する必要があります。

IPカメラに推奨オプションがない場合は、H.265で2.265の15 FPSで2 MPの場合は2048 Kbpsから始まります。1024 Kbps に減らして、差があるかどうかを確認します。4 MP IPカメラの場合は、これらの値を2倍にし、H.264を使用している場合は50%を追加します。

伝送制御

低速プロセッサを搭載したカメラの場合は、固定ビット レート モード (CBR) を設定します。 その他の動的モードで – VBR。 これは、VBR モードで動的にシーンを変更すると、フリー プロセッサはビット レートを上げることができないため、すべての詳細をキャプチャします。 ただし、VBR モードでは、特に静的シーンでは、多くの領域と転送を節約できます。

その他の注釈 – P2P プロトコル

IPカメラでのP2Pの実装に関連するセキュリティホールのため、私はこのプロトコルを無効にすることをお勧めします。

Chcesz wiedzieć więcej?

Zapisz się i bądź informowany o nowych postach.

Nigdy nie podam, nie wymienię ani nie sprzedam Twojego adresu e-mail. W każdej chwili możesz zrezygnować z subskrypcji.

ブックマーク パーマリンク.

Podziel się swoją opinią na temat artykułu